スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

湯布院日帰りバスツアー

湯布院日帰りバスツアー

またまたホリデーさんの日帰りバスツアーが当選しました~(^。^)
今回は湯布院です。

が、しかし、バスから降り立つなり、なんと雪が降っています(*_*)

寒~い(-_-;)

お土産屋さん「旬彩浪漫」へ直行です。
ワンダフルデイズ

「ぷりんどら」は有名ですね~。
ワンダフルデイズ

散策時間が(自由行動)が2時間近くあります。
ワンダフルデイズ

由布岳の山頂には雪が積もってます(>_<)
この、さむぞらの中放り出されて、いったいどこへ行けばいいのか・・。
ワンダフルデイズ

とりあえず、べたな所から。
金鱗湖を撮影。

紅葉も終わっており、絵にならないな~。
ワンダフルデイズ

金鱗湖そばにあるお団子屋さん「花より」。
ネットで検索したら上品でおいしそうな創作お団子が目にとまり、
ここでお土産を買おうと思っていたのに、「本日休業」の文字。
ざんね~ん(・_・;)
ワンダフルデイズ

みやげ店やカフェが並ぶ「ゆのつぼ街道」は、今までも何度か
見ているので、今回はパス。

せっかく湯布院に来たのだから、温泉を堪能しない手はない。
そう思い、何軒か温泉旅館へ行ってみたが、
午前中は掃除中で入れないと断られました。

どうする~??

ぶらぶらしていると、湯布院で超有名な高級旅館「玉の湯」そばの川沿いに
なにやら大きな鳥がたたずんでいます。
ワンダフルデイズ

こちらにいるのは鴨??
ワンダフルデイズ

そうこうしているうちに、どんどん時間が過ぎて行きます。

すると、こんなメルヘンチックな建物が。
湯布院フローラルヴィレッジです。
へ~こんな所あったんだ。知らなかった。
11月1日にオープンしたばかりだそう。
ワンダフルデイズ

あひるさんがいましたよ~。
奥の建物は宿泊施設です。(女性限定です。)
源泉掛け流しの温泉もあり、日帰り入浴もできるそうですよ。

詳細は公式サイトで確認してくださいね
ワンダフルデイズ

まるで、おとぎ話にでてくるような、
小さくてかわいいお店が並んでいます。
「X'MAS STORE」にはクリスマスグッズが所狭しと並べられていましたよ~。
ワンダフルデイズ

自由散策のあとは、この日のお楽しみである「食事と温泉」です。
バスが到着したのは「山水館」です。
ワンダフルデイズ

ここでバイキングを食べました。
天然酵母と湯布院の名水を使用した、
こだわりの無添加のパンが美味しかったです(^。^)

食事風景は、ほかの団体さんもいて、とても写真撮影はできません。
ワンダフルデイズ

広いロビーです。
ワンダフルデイズ

ロビーから見える庭には、わずかに紅葉が残っていました。
ワンダフルデイズ

きれいな着物が飾ってあります。
ワンダフルデイズ

温泉へ向かいました。
ワンダフルデイズ

この向こうが大浴場「あさぎりの湯」です。
ワンダフルデイズ

広いパウダールーム。ここいいですね。
アメニティーもそこそこ充実してるし、
なにより仕切りがしてありゆっくりできるのがいいですね。
ワンダフルデイズ

貴重品入れるロッカーは無料です。
写真撮影できたのはここまで。

露天風呂はちょっと寒かったけど、
由布岳を眺めながら入る温泉は気持ちよかったです。
ワンダフルデイズ

湯上り休憩処。ゆふの名水が自由に飲めるようになっています。
ワンダフルデイズ

旅館にある、お土産売り場で出発までの時間をつぶしました。
ワンダフルデイズ

ワンダフルデイズ

ワンダフルデイズ

ワンダフルデイズ

旅館の公式サイトはこちら。

ホリデーさんお世話になりました~<(_ _)>

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村ぽちっとお願いします。
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。